Natural Cafe~野菜・雑穀・豆~

noricafe.exblog.jp

カテゴリ:精進料理( 15 )

道産♪とうもろこしのすり流し

とうもろこしも、茹でたりごはんと炊き込んだり色々楽しんだのですが・・・
私としたことが、大好きなスープ系を忘れていました!
昨年頂いた時は冷製コーンスープ作っていたので、今年は少し変えて「すり流し」にしました063.gif

もちろん、とうもろこしは先日頂いた北海道野菜を使用~056.gif
b0185330_2142117.jpg

今お気に入りのお塩です。
今日は右のピンクの岩塩を使用。優しい味わいのお塩♪
b0185330_2254130.jpg

お気に入りの本「禅寺のおばんざい 四季の膳」より、「枝豆のすり流し」を元に作りました。
精進料理の手法なのですが、干し椎茸のダシに、白味噌で調味します。
ちょうど干し椎茸がなかったので、昆布のダシに白味噌少々で作りました001.gif

これは和風ポタージュといったところで、とうもろこしの甘味をダイレクトに感じられて美味しい!
豆乳や牛乳で溶き伸ばしていないのでサッパリですが、白味噌のコクで食べ応えがあります035.gif

スープより、すり流し派になりそうな私です037.gif
[PR]
by noricafe-millet | 2011-08-23 21:42 | 精進料理

たけのこの木の芽味噌焼き

またまた、たけのこシリーズです。
実家の庭から木の芽(少しかたいので既に山椒の葉かも?!)を頂いたので、旬のたけのこと合わせてみました001.gif
b0185330_21482083.jpg

木の芽味噌は、味噌、酒、てんさい糖を練って、木の芽を包丁でたたいてからすりつぶして混ぜました。
木の芽の青い香りが広がって爽やか~056.gif

湯がいておいたたけのこに木の芽味噌をかけて、オーブンで軽く焼きました。
たけのこのかすかなエグみと、木の芽の爽やかな風味がマッチ!
お味噌もいい仕事をしています。

旬のものは美味しいうちに味わっておきたいですよね058.gif
[PR]
by noricafe-millet | 2010-04-25 22:00 | 精進料理

たけのこご飯

昨日の残りのたけのこは、やはり王道の「たけのこご飯」にしました003.gif

たけのこの土佐煮の煮汁に、酒、醤油少々、昆布を一緒に炊き込みました。
キッチンがたけのこの爽やかな香りでいっぱいに!
b0185330_20271930.jpg

たけのこに、柚子胡椒をちょこっと付けて食べたりしました。
とっても合います♪

精進料理でもおなじみのこのMENUは、おダシに鰹節は入りません。
私は土佐煮の煮汁が美味しくて入れてしまったのですけれどね(^^;

来年も頑張ってたけのこを茹でるぞ~066.gif
[PR]
by noricafe-millet | 2010-04-19 20:33 | 精進料理

大豆ご飯

お豆を炊飯器で炊く方法を覚えてから、色々な乾物お豆がある我が家です001.gif
今日は節分つながり(?)で「大豆ご飯」を炊いてみました。

b0185330_2030450.jpg

大豆を炒ってから、お米、酒、塩少々とともに普通に炊飯。
香ばしい大豆ご飯ができました~♪
節分で残った大豆をそのまま入れて炊いても美味しいそうですよ049.gif

お豆が少し焦げてしまった(^^;
弱火で気長に炒るべし035.gif
[PR]
by noricafe-millet | 2010-02-07 20:53 | 精進料理

永平寺の常備菜#2

またまた常備菜を作りました037.gif
「永平寺の精進料理」の本より「切り昆布の佃煮」です。

b0185330_2055627.jpg

これまたご飯が進みます~!

美味しいので、レシピを本より抜粋して載せておきます。
069.gif「永平寺の精進料理」の本より「切り昆布の佃煮」
昆布(だしを取った後のもの) 4枚
白きくらげ ひとつまみ(8g)
糸こんにゃく 1パック(200g)
サラダ油 少々
白いりごま 適宜
昆布だし 1カップ
しょうゆ 大さじ1~2
酒 大さじ2と2/3
みりん 大さじ1と2/3
砂糖 大さじ1

①昆布は細切り、白きくらげは細かく刻む。糸こんにゃくは3cmの長さにする。
②油をひいて①炒め、油がまわったら昆布だし、しょうゆ、酒、みりん、砂糖を加え、煮汁がなくなるまで弱火で15~30分煮る。
③煮汁がなくなりかかったらごまをまぶす。

日々ためておいただし昆布と、普通のこんにゃくを切って作りました。
白きくらげはないので省略(^^;
ごまは黒ごまを使いました。
本の写真よりかなり太いですが、まぁこれも良し(笑)

昆布のおにぎりが大好きなので、これからは自分で作るぞ~049.gif
[PR]
by noricafe-millet | 2010-01-18 20:55 | 精進料理

大根の炊いたん

私の田舎、伊勢ではふろふき大根のことを「大根の炊いたん」と呼んでいました001.gif
お隣りが京都や奈良なので、そちらの影響でしょうか。
それとも、おばあちゃんの言葉でしょうか(^^;

大根をおダシなどで炊き、ねぎ味噌を乗せてみました♪

b0185330_21472821.jpg

冬の大根は、甘くて軟らかいですね。
美味しい~!

寒い日は「大根の炊いたん」をふぅふぅして頂きたいですね012.gif
[PR]
by noricafe-millet | 2010-01-17 21:53 | 精進料理

永平寺の常備菜

月3回、実家が取っている世田谷産無農薬の野菜達。
先週今週と冬休みでおすそ分けにありつけず、ウチの冷蔵庫は閑古鳥状態(笑)

こんな時は!お助け常備菜です。
「永平寺の精進料理」の本より「高野豆腐のみそ炒め」を作りました001.gif

b0185330_1752619.jpg

これはご飯のお供にピッタリ!

最初に油で炒めるのですが、私はそこがスッ飛んでから炒りしてしまいました。
火を止めてから、ごま油を少々。大丈夫、大丈夫。
黒ごまも足してみました♪

これは本当に美味しいので、本より抜粋して載せておきます。
069.gif「永平寺の精進料理」の本より「高野豆腐のみそ炒め」
高野豆腐 3枚
にんじん 70g
サラダ油 適宜
白みそ 大さじ3
しょうゆ 大さじ1~2
酒 大さじ2
みりん 大さじ1と2/3
砂糖 大さじ2~3

①高野豆腐は戻してみじん切り、にんじんもみじん切りにする。
②フライパンに油を多めに熱し、①をじっくり炒める。
③カラカラになったら上記の調味料を全て入れ、ゆっくり練り上げる。
*砂糖はみその塩分により、みその半量~同量で調節する。
*密閉容器に入れて冷蔵庫で保存し、食べる量だけ加熱し直す。

作り置きしておけば、忙しい朝やもう1品!という時に便利です。
是非お試しを~058.gif
[PR]
by noricafe-millet | 2010-01-16 17:17 | 精進料理

れんこんのすり揚げすまし汁

一昨日は、大好きなれんこんを使って「辛子れんこん」を作りました。
辛子れんこんにするには、ある程度形の整ったものが良いわけで・・・

形のイマイチなものが1つ残りました。
キンピラでは面白くないし、すりおろして使ってみましょう001.gif

ということで、「れんこんのすり揚げすまし汁」です。

b0185330_23523590.jpg

これは、母のお友達Yさんより受け継いだ「禅寺のおばんざい 四季の膳」という本のレシピを元に作りました。

このレシピでは、れんこんと小麦粉でお団子を作り、しめじとほうれん草が添えてあります。
私は、すりおろしれんこんに水切りした豆腐を混ぜ、つなぎは片栗粉にしました。
少なめ米油で揚げ焼きにし、お花のにんじん、ぎんなん、しめじで飾りつけ060.gif

れんこんって、何にしても美味しい~035.gif
[PR]
by noricafe-millet | 2010-01-13 23:56 | 精進料理

七草粥

セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロ。
今日はこの「春の七草」をお粥にして食べる日ですね。

クリスマス、忘年会、お正月…と続くイベントで疲れきった胃を休めるのにちょうどいい~001.gif
セリ、ナズナ・・・子供の頃に一所懸命覚えた記憶があります。

さて、スーパーで「七草粥セット」なるものが売っていました。
ちょこっとしか入ってないのに、高~い!

ウチにある蕪の葉(スズナ)と大根の葉(スズシロ)で「二草粥」にしました。
あ、お粥嫌いの夫君のため、少し軟らかめの二草”ご飯”です(笑)

黒ごまと梅干しを添えて♪

b0185330_2130225.jpg

七草粥の習慣は、江戸時代に広まったそうです。
年頭にあたって豊年を祈願し、「今年も家族みんなが元気で暮らせますように」と願いながらお粥をいただいていたそうです。
七草は、早春にいち早く芽吹くことから「邪気を払う」と言われていれました。
そこで、無病息災を祈って七草粥を食べたんだそうです。

ちなみに「秋の七草」は、女郎花(おみなえし)、尾花(おばな=ススキ)、桔梗(ききょう)、撫子(なでしこ)、藤袴(ふじばかま)、葛(くず)、萩(はぎ)ですね056.gif

日本のハーブを食べて胃腸もスッキリ、一年を元気に過ごしたいですね058.gif
[PR]
by noricafe-millet | 2010-01-07 21:37 | 精進料理

冬至のdinner

今日は冬至ですね。
一年中で昼が一番短く、夜が一番長い日です058.gif

日本では、ゆず湯に入り、小豆粥(冬至粥)やかぼちゃを食べると風邪をひかないと言われています。
我が家もご多分に洩れず「ゆず湯」に入りました012.gif

さて、今日の夕飯にも冬至を盛り込んでみました♪

雑穀入りの「小豆ご飯」です。
お粥は病人食みたいで嫌だという声を頂いたので・・・(笑)
炊飯器で小豆を炊いておき、小豆の煮汁と酒、昆布で雑穀ご飯を炊き、最後に小豆と黒ごまを混ぜ込みました。
b0185330_22361292.jpg

かぼちゃのいとこ煮」は、かぼちゃと甘くない小豆がベストマッチ049.gif
右は「禅寺のおばんざい」の「壬生菜のごま酢あえ」をお借りし、「かぶの葉のごま酢あえ」にしてみました。
b0185330_22363834.jpg

かぶら蒸し」に初挑戦!
舞茸のあんをかけ、ゆずの皮を乗せました♪
レシピはコチラをお借りしました→野菜かんたん3行レシピ
b0185330_22372563.jpg

これまでいつもの和食をパパーッと作っていましたが、こうやって色々なレシピをお借りしながら丁寧に作ると、和食って本当に奥が深いものなんだと感じます。
ちょこっと手をかけると、いつもの献立も美味しくなりますね053.gif

おばんざい、ばんざい!
[PR]
by noricafe-millet | 2009-12-22 22:38 | 精進料理